日当たり悪い部屋でも快適に過ごす工夫を考えてみました。

こんにちは
不動産管理システムの伊藤ナナコです。

最近案内した時、お客様から日当たり悪い物件でも快適に過ごす方法ありませんが?の質問を頂きました。

内覧の時には家具もなく、意外に明るく見えてしまうため、気づきにくい「日当たり」。

暮らしているうちに、「あれ、ちょっと暗いなぁ」って思うこと、ありますよね。

ただ、暗いのも悪いことばかりではありません。

暗い部屋でもメリットがあります。
1、日当たりの良い物件に比べると、日当たりの悪い物件は人気がないため、家賃が安めの傾向にあります。
2、家具の日焼けがしにくくなる

  太陽光により家具が日焼けしてしまうことがありますが、日当たりの悪いマンションでは光が入りづらいた  め、家具の日焼けがしにくくなり、きれいな状態で保ちやすくなります。

3、夏は涼しく過ごせる

    日当たりの悪いマンションでは日差しの量が少ないため、一般的な部屋に比べて室内が暑くなりすぎず、夏の間は過ごしやすいでしょう。

4、昼間でも部屋が暗い

   日当たりが悪いため部屋が暗くなりやすく、本来ならば明るい昼間でも、電気をつけないと暗さを感じてしまうことがあります。(夜勤が多い方なら昼はよく眠れます)


デメリットもあります。

1、冬場は寒い

  夏場は日差しが入り込みにくいため過ごしやすい半面、冬場は室内の温度が上がりにくいので寒く感じられるでしょう。

2、部屋が湿っぽくなる

  日当たりが悪いと洗濯物が乾きにくくなるだけでなく、部屋干しすると室内に湿気がたまりやすくなるため、カビの発生を促してしまう可能性があります。

それでは、日当たり悪い部屋を選んでお客様に快適過ごす工夫を考えてみました。
1、LEDライトなど明るい照明を選ぶ

   日当たりが悪い部屋は、照明選びでいかに室内を明るくするかがポイントとなります。照明の色は明るい色を選ぶようにしましょう。

   LEDライトなら明るく寿命も長いので、暗くなりやすい日当たりの悪い部屋にも相性が良いでしょう。また、薄暗くなりやすい場所に間接照明を用いることで、室内の暗さが和らぎ、部屋を広く見せる効果もあります。

2、インテリアを明るい色で統一する

  日当たりが悪いと、部屋全体が薄暗い印象になりやすくなります。インテリア全体をホワイトや明るめのベージュ、パステルカラーといった明るい色で統一すると、照明と相まって部屋全体が明るい印象に変わります。

   家具などが白いと、太陽光や照明の光を反射しやすくなり、効率良く部屋を明るくすることも可能です。

3、鏡で光を反射させる

   室内に大きめの鏡を設置することで、太陽光が鏡に反射して、部屋全体に太陽光を取り入れることができます。光が入りやすくなると、日中の時間帯でも余計な電力を使用せず済むため、電気代の節約にもなります。

   鏡を設置する位置や反射する角度によって、光の広がり方は変わるので、部屋のつくりや光加減を考慮して配置しましょう。ただし、鏡が大きくなるほど、部屋のスペースを失うことになるので注意が必要です。

4、光を通しやすいカーテンを選ぶ

    レースカーテンやシェードなどの光を通しやすいカーテンを選ぶことで、薄暗いマンションの部屋も明るくなりやすいです。費用も比較的安価で済むため、設置費用や電気代など経済的な負担軽減にも効果的です。

      しかし、レースカーテンは光を通しやすい分、室内が透けて見えやすいものもあるため、しっかりとプライバシーを保護できるものを選ぶようにしましょう。

5、11回は換気する

    日当たりの悪いマンションは湿気がたまりやすいというデメリットがあります。

      湿気があると、知らないうちにカビが発生しやすくなり、特に梅雨など洗濯物の室内干しが多くなる時期は、屋外の高温多湿な環境に加え、生乾きの洗濯物に雑菌が繁殖して不快なにおいを発することがあります。

      家にいる間はなるべく窓を開けて換気をするなど、最低でも11回は換気するように心がけましょう。また、部屋干しをする際は、乾燥機や除湿機を利用することも検討してみてください。


お客様のお部屋探しや生活上の問題を全力でサポートします。
困ったことがありましたら、御相談お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

伊藤ナナコの画像

この記事を書いた人:伊藤ナナコ
女性目線で親切・丁寧なお部屋探しを心がけております。 書類作成などを行っております。 YOU TUBEによる動画配信やオンライン内覧も行っています。

前へ 「戸建賃貸の強み2」

記事一覧

「高齢者お部屋探しについて」 次へ