3.11から11年 震災後の対策

こんにちは 管理担当 伊藤です。 

 2011年3月11日に発生した東日本大震災。 


 2019年12月での震災による建築物の全半壊は40万戸以上に達することが確認されています。
 11年も立つと被害のなかった地域はどうしたって徐々に風化してしまいがちです。 

 先日も大きな地震がありましたね。 耐震について色々と考えてみましょう。

 1. ソーラー付きラジオ(LED付) あの時に交通手段が使えず歩いて帰宅した方も多かったのではないでしょうか? 
 携帯電話って不便と思いましたね。
停電もあり、我が家はオール電化だった為、大変困りました。 
 これあると大変便利です。 



 2. 5年 保存水 備蓄用 ミネラルウォータ これはぜひ買っときましょう! 
備蓄しときましょう!期限がせまったら飲めばよい。


 3. 非常食9日分たっぷり62点セット これとても良いてすよ。
カンパンなどが代表的ですが、災害によっては飽きてしまいます。 
 これだけあれば・・・という感じです。



最後に賃貸住宅などは古い建物もあります。
家具など対策、家族との連絡網、高層階に住んでいる方の避難方法など、
この機会に話し合っておきましょう。 




さいたま市で賃貸物件をお探しのお客様はJR宇都宮線 土呂駅西口前1分のイーアールエーLIXIL不動産ショップ 株式会社不動産管理システムにお任せください。

伊藤康弘の画像

この記事を書いた人:伊藤康弘
賃貸管理を主に担当しております。『ある物を生かす』ことを考えリノベーションなどの提案も行っています。新築物件~中古まで幅広くご紹介できるように努めております。困ったことがありましたら、お気軽に当社までご相談ください。

前へ 「単身用 オススメ物件のご紹介」

記事一覧

「2022年 引越しシーズンの状況 さいたま市北区編」 次へ