スタッフブログ

DSCF4348

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は植栽の剪定についてご紹介をさせていただきます。

5月に入り敷地内の雑草や植栽の枝葉が伸びてくる季節になりました。

最近のさいたま市は寒暖の差が日によってあり、半袖で過ごす暑い日もあれば少し肌寒い日もあります。

6月になると梅雨に入り、7月の日差しで木々たちはどんどん伸びていきます。

アパート・マンションの敷地内の除草や樹木の剪定の年間のスケジュールを組み計画的に無駄の無い予算や方法を考えたいものです。

特に8月に除草した場合、1週間後には膝くらいの高さまで雑草が伸びてしまうこともあります。

お勧めする方法は下記の3点です。

①敷地内の雑草や植栽の状況に合わせて除草・剪定のスケジュールを組みます。

(例えば5月・9月に除草実施、8月に剪定を実施する。)

②除草の方法

(根まで除去する方法、地面から出た部分のみ除草する方法。)

③除草剤の活用(液状・顆粒)

(使用するタイミング、使用する量)

除草を実施したあとに除草剤を使用する場合や一旦雑草を枯らす目的で雑草に除草剤を散布して枯れた後に刈り取る場合などがあります。

物件の敷地内の日当たりの状況等も考慮して物件に合わせた実施計画や予算組みが必要だと思われます。

 

  • knee_bnr01
  • 私が戸建賃貸を借りる理由
  • banner_B-e1580116086172
  • knee_bnr04
pagetop