スタッフブログ

DSCF1367
DSCF1368
DSCF1369
DSCF1376

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

入居者様からご連絡があり、「店舗のシャッターの柱を固定する鍵の受け部分が壊れてしまい、グラグラする。」とのご連絡がありました。

現地を確認してみると、柱の固定をする為の金部分が長年の使用により完全に外れてしまっている状態でした。

コンクリートボンドで固定を行い、シャッターの建付け調整を行い復旧できました。

コンクリートボンドは防水性がある屋外用の商品を使用しました。1日で固まる商品です。

入居者様から午前10時頃にご連絡をいただいて午後の1時過ぎには対応を完了することが出来ました。

シャッターの柱の加重がかかる箇所の修理であった為、定期的固定が弱くなっていないか入居者様に確認をとっていきたいと思います。

 

  • knee_bnr01
  • 私が戸建賃貸を借りる理由
  • banner_B-e1580116086172
  • knee_bnr04
pagetop