相続税の仕組み その1

0649
今、相続対策の必要がないという方も、近い将来、必ず相続のことを考える時期がきます。また、もしあなたが土地活用の提案をする立場にある人なら、土地活用と相続は必ずセットに考えることが基本になりますから、相続税の知識は必ず身につけておかなければなりません。
① 相続税の意味

1) 富の再分配機能

 人の一生を通じて特定の人に集中した財産を国家が相続税として徴収し、これを社会に還元するという「富の再分配」が相続税の主な目的であるといわれています。

2) 所得税の補完機能

 国民には、毎年の所得に対して所得税がかかり、所得税を負担した後の可処分所得によって日々の生活を営みます。しかし、日本の税制は時代によって変わり、必ずしも一律の課税体系ではありません。そこで相続税は、それぞれの時代で形成された財産に対して死亡の時点を捉えて、再度、税金を清算する機能を有していることから、「所得税の補完的機能」があるともいわれています。

3) 相続などで取得した財産にかかる税金

 所得税や法人税が所得に対して課せられるのに対し、相続税は人の死に伴う財産の移転に対して課税され、その相続税を負担するのは、財産を相続した人(相続人)になります。相続税を納付するのは、一般的には相続財産を取得した法定相続人(配偶者や子)ですが、例えば、遺言により相続人以外の人が遺贈で取得すると、その人も相続税を負担しなければなりません。