相続開始前3年以内の贈与財産は加算する

1317

相続開始前3年以内の贈与財産は加算する

 相続または遺贈で財産を取得した人が、被相続人から相続開始前3年以内に贈与で財産を取得したことがあれば、そ

の贈与財産を相続財産に加算して相続税を計算します。贈与された財産を相続財産に加算する場合の評価額は、相続

時ではなく贈与時における財産評価になります。

 また、贈与時に贈与税がかかった時には、その贈与税は最終的に支払うべき相続税から引くことになるため贈与税と

相続税を二重に納付することはありません。


【補足】

配偶者が相続前3年以内に住宅または、その取得資金の贈与を受けて、贈与税の200 万円の特別控除の適用を受けて

いるものについては、この加算はされない。