アパート・マンションで相続資産が圧縮できる理由 

1338


アパ・マンで資産が圧縮できる理由

 相続対策でアパートマンションを建てると良いとよく耳にすると思いますが、実際に計算をしてどのように効果があるか

計算してみます。

 相続対策前と相続対策後の土地と建物の評価方法は、次のように計算すれば、誰でも評価を算出できます。

1339

▼対策前

 相続税評価額3億円の更地を所有。相続人が妻1人、子2人の場合、早見表によると想定される相続税額の合計は

2860万円となる。


▼対策後

 この土地に、4億円をかけて賃貸マンションを新築。すると、土地、建物の評価は次のようになる(借地権割合60%、借家権割合30%、賃貸割合100%とする)。

① 貸家建付地の評価

  3億円×(1− 60%× 30%× 100%)=2億4600万円

② 賃貸マンションの相続税評価額

  4億円× 60%(固定資産評価割合)×(1− 30%× 100%)= 1億6800万円

③ 建築費の借入額

  ▲4億円

④ 相続税評価額

  ①+②−③=2億4600万円+1億6800万円−4億円= 1400万円

 このように賃貸マンションを建てることによって、相続税評価額は1400万円になり、基礎控除額4800 万円以下になるので相続税額は0円です。これが賃貸マンションを活用した相続対策の仕組みです。


 借金をして建物を建てれば相続対策になりますが、実際アパートマンションの経営も考える必要があると思います。

相続対策のために借り入れが多くなりすぎ家賃収入で経営ができなく自分のお金から持ち出しにならないように建物

工事費、借入返済、家賃収入、税金、その他支出を考え行い、また、短期的でなく長期的にみる必要がありますので、

よく考えてから相続対策をお願いします。