こんなにたくさんの空き家が

何気なく手にした雑誌をめくって驚いた。

2013年の住宅・土地統計調査によるこの時点での全国の空き家は、住宅総数のなかで820万戸に達するという。

820万戸という数字は、全住宅総数のなんと13.5パーセントを占める。

2013年の時点でこの数字だから、現在の数字に至っては更に増加しているであろうことは容易に想像できる。

少子化によって年々減少する人口、親が子に残した遺産を子は相続という形で受け継ぐが、

受け継いだもののそこに住み続けるというわけではなく、

仕事の都合や諸般の事情で遠く離れたまちで暮らしている。

遠ければ次第に足が遠のき、残された空き家の管理もおろそかになり、建物も次第に痛んでくる。

こうした事情で空き家が生まれてしまう(?)というのが一因でもあるが、

相続をする前に年老いた親が介護施設に入ってしまって空き家になっているなど、

様々な理由から地方はもとより都会でも数多く空き家が見かけられる時代となってしまったのだと思う。

7軒に1軒が空き家だというこの現実、ようやく国や地方自治体も本腰を入れるようになった昨今、

我々不動産業に従事する者にとっても、今後どんな使命のもとでこの問題に取り組み、どう対処していくべきか、

真摯な方策が求められてやまないところである。