簡単な相続税の計算方法 ~前と対策後の比較~

1330

簡単な相続税の計算方法 〜対策前と対策後の比較〜

 相続対策をするうえで、現状の相続税額がどのくらいになるのかを把握しておくことは、

とても重要です。これをしないのは、医者が患者を診断しないで薬を処方するのと同じなの

で、相続対策にもまず、健康診断が必要です。

 しかし、実際の相続税の計算方法は少々複雑になっていて、基本的には、次の3つのステップで導き出します。


1)課税遺産総額を計算する
1331
2)法定相続分どおり相続したとして相続税の合計額を計算する

  各相続人の「法定相続分×税率−控除額」を合計して相続税の総額を出します。


3)各相続人の相続税額を実際の配分に基づいて計算する

 「各相続人の実際の相続割合×相続税の総額」を計算して各相続人の実納付税額を求めます。