IHコンロの交換

before
20190808_085618-1209x16121
horizontal
after
20190808_090609-1209x16121

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回はIHコンロの交換についてご紹介をさせていただきます。

物件は土呂駅から歩いて10分くらいの場所にある単身向けの3階建てのマンションです。

入居者様からご連絡があり「キッチンのコンロが使えなくなって困っている。」とのことでした。

IHコンロで良くあるケースがコンロ表面のガラストップに何か物をうっかり落としてしまったり、

鍋を強く置いてしまったりして、ガラストップにヒビが入ったり割れたりして故障する場合があります。

今回は特に入居者様の過失は無く、コンロの電気配線に不良があり本体交換することにより改善しました。

一口コンロの流し台であったため、コンロが使用できないと食事を調理することが出来ない状態でした。

そのため一日でも早く復旧できるように工事会社さんとご相談をいたしました。

結果として入居者様からご連絡をいただいてから3日後に復旧が完了しました。

現在ではエアコンの不良が発生した場合、1日でも早く復旧しなければなりません。

エアコンが使用できないことで熱中症になってしまっては大変だからです。

建物設備の故障箇所の内容や状態によって対応のスピード緊急度合いが変わります。

水漏れの症状においてもポタポタ漏れている場合とジャージャー漏れている場合では初動の対応スピードによって被害や損害の大きさが変わります。

修理の状況に応じて適切な対応を心掛けたいものです。