ダストボックスの種類

DSCF5402
DSCF5384
DSCF5390

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回はダストボックスの種類についてご紹介をさせていただきます。

物件のゴミ置き場には様々な種類があります。

①蓋付きのダストボックス

②パイプとネットのダストボックス

③ブロック塀にネットのタイプ

上記の3種類のゴミ置き場のタイプを掲載しました。

カラスの被害の状況や予算によって設置するダストボックスの設置方法が変わります。

以前は②のタイプのダストボックスのタイプはあまり見受けられませんでしたが、ホームセンターやネットなどで最近では販売されているのをみかけたりします。

自治会などで管理しているゴミ置き場に折りたたみ式のダストボックスも見かけたりします。

一般的に多いのはネットをかけるタイプのゴミ置き場が多いと思います。

自治体によっては無料でゴミネットをいただけるケースもあります。

新規にゴミの回収を市にお願いする場合は申請が必要となります。

過去に10件くらいの新規の回収の申請を行なったことがあります。

アパートの敷地内に専用のゴミ置き場が無い場合は自治会が管理されているゴミ置き場に近隣住人の方と併せてゴミを置くようになります。

市によって分別の方法や仕方が違います。プラスチック類と紙を分別する場合としない場合があります。

お引越しなどで新規に賃貸物件に入居される方はゴミ置き場の位置や分別の仕方なども確認すると良いと思います。