ゴミ置き場のカラス対策

DSCF9221

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回はゴミ置き場のカラス対策についてご紹介をさせていただきます。

賃貸物件にお住まいの方で燃えるゴミの日にカラスなどがゴミ置き場に侵入してしまいゴミが散らかってしまう様子を見たことがあるでしょうか。

近隣のお住まいの方が管理会社に連絡されるケースもあります。

ゴミが散らかってしまう原因の一つにゴミの上にかけるネットに隙間があり、カラス等の動物が侵入できてしまうことが多いようです。

対策の一つにダストボックスを設置する方法があります。

今回掲載した写真の例は既存のブロック塀を利用してメッシュフェンスを造作取り付けを行なったケースです。

ダストボックスを新規で設置するよりも施工費が安価になります。

新規の入居を希望されて空室の物件に内見に行く際は是非、ゴミ置き場等の共用部分も確認することをお勧めします。

弊社で管理させていただいているアパート・マンションについては毎月1度の定期巡回を行なっております。

共用部に何か放置物があると巡回点検時に気づくことが出来ます。

巡回点検の際にゴミ置き場の確認は確認事項の一つとなっております。

敷地内にゴミ置き場がないケースもあります。近隣の自治会で管理されている路上の一角をゴミ置き場としている場合です。

道路・歩道上のためダストボックスが設置できないケースが多いですが、最近では折りたたみ式のネットとパイプ作られたダストボックスをみかけることもあります。

物件のゴミ置き場も物件毎に異なるため、状況に合わせてご提案を行ないたいものです。