駐車場の白線

DSCF5879

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は駐車場の白線についてご紹介をさせていただきます。

長年の経年劣化により駐車場の白線の色が徐々に薄くなってきます。

再塗装する方法には複数種類あります。

①専門業者による塗装

②簡易スプレーによる塗装

①②など以外に塗装の材料や方法によって金額もまちまちです。

再塗装する際には車が駐車していないことが望ましいです。塗装する際の塗料が飛散して車に付いてしまうかもしれないからです。

以前、3区画分の駐車スペースのスプレー塗装を行ったことがあります。

塗装用のスプレー缶をホームセンターで購入し、塗装部分に塗料がはみ出ないように養生テープを貼り作業を行いました。

作業時間は約2時間くらいでした。専門業者に依頼するほうが仕上がりは良くなりますが、簡易塗装で作業費を安価にすることが出来ました。

砂利の駐車場のロープ貼りも何度か行ないました。

ホームセンターでトラ柄のトラロープと杭を購入し作業を行いました。現地の杭が再利用できる場合は既存の杭を使用します。

杭を打ち込むハンマーなどは会社保管の道具を使用します。

仕上がりや予算、作業時間の状況によってオーナー様に適切なご提案を心掛けたいものです。