集合ポストの開錠

DSCF5721

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は集合ポストの開錠についてご紹介をさせていただきます。

物件は土呂駅から車で10分ほどの距離にある2階建てアパートです。

入居者様からご連絡があり「一昨日、あらたに入居したがポストの開け方が分からない。」とのご連絡がありました。

物件によってダイヤルのタイプが異なる為、お電話でポストダイヤルの特徴をお伺いして操作方法をお伝えしました。

ポストの番号をお伝えする場合はご本人にしか分からない個人情報を確認した上でお答えをするようにしています。

今回のポストダイヤルの形状は時計回りにに数字を2回、アルファベットを反時計回りに1回合わせると開錠されるタイプでした。

記号を合わせる箇所は大体時計の12時を指す部分に印が付いていて合わせることが多いのですが今回のダイヤルは3時を指す箇所に印がついていたようです。

お電話で無事に開錠することができました。ポストの開錠は入居者様が現地にいらっしゃって、その場で操作をしていただくと説明がし易いと感じました。

ちなみに我が家のポストはいつも開錠されたままで時々ダイヤルがずれて、番号を覚えていないため開けるのに苦労したりしています。

ポストといっても様々形状や種類があります。南京錠で開けるタイプなどです。

新築での玄関ドアはセンサーやカードなどの電子ロックが多く普及し始めているようです。

そのうち集合ポストも電子ロック化される時代が来るかもしれません。

宅配ボックスは電子ロックされていますので、荷物や配達物の内容によって防犯度が変わるのかもしれません。