階段ブロックの破損

DSCF5480
DSCF5478

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は建物点検の際に発見した不具合についてご紹介をさせていただきます。

弊社では1ヶ月に一度、弊社のスタッフが管理している物件に建物巡回に行き点検を行なっております。

今回は点検したマンションの1階階段の一段目が破損していることを発見しました。

原因は経年の劣化や何か重い物が落下した可能性がありますが、表面に何かが衝突したような痕跡が見当たらないことから、

長年の使用による経年劣化と思われる状況です。

点検から復旧までの流れは下記の手順で行なわれます。

①建物点検担当者が敷地内で不具合や改善が必要な箇所を発見

②改善が必要な箇所の状況を修理管理担当者に報告

③修理担当者からオーナー様にご報告・改善提案・ご相談

④弊社にて工事受注またはオーナー様手配業者さんにて工事

⑤改善復旧の現地確認

入居者様がつまづいたりしてお怪我がされたりしないように出来るだけ早い復旧をすすめて参りたいと思います。