長尺シート貼

before
DSCF9357
horizontal
after
DSCF5181

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は共用部の廊下・階段に長尺シート貼をご紹介させていただきます。

元々は上記写真のコンクリートの状態です。長年の使用により階段や廊下が黒く変色している箇所ができました。

内階段の構造で廊下にも屋根がある為、雨水に直接あたることがないため、雨による苔やカビは無い状態でした。

現状から建物を一層向上する為にオーナー様と施工方法についてご相談を行ないました。

①防水塗装をする

②長尺シートを貼る

①②で施工期間や方法・費用についてご相談を行ないました。

①の防水塗装の場合は入居者様の通行を完全に止めることができないため、片側半分づつ施工日を分けて塗装する必要がありました。

②の長尺シートで施工した場合、ノンスリップと呼ばれる滑り止め防止機能の凹凸がある床材で施工するため、

入居者様の安全面に良いと思われました。施工期間も2日ほどで施工完了できるメリットもあり、

オーナー様のご希望もあり長尺シートで施工を行なうことにしました。

既存の階段には真鍮製の滑り止め防止ステップが付いていた為、変形の度合いも少なかった為再利用することにしました。

再利用が困難な場合はゴム製のステップを取り付け提案をする予定でした。

入居者様に事前に施工日・施工内容の通知を行い、無事に工事を完了することが出来ました。

1年2年経過していくとコーキングした部分が劣化したり、

長尺シートの床材にシミが出来たりするので経過を観察して補修を行なってければと考えています。