放置自転車の整理

DSCF5724

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は敷地内駐輪場の整理についてご紹介をさせていただきます。

物件の駐輪場スペースには限りがあるため、定期的に放置自転車の所有者確認を行っております。

処分を行う前には必ず警察に自転車の防犯登録ナンバーの確認をおこなっております。

件数は少ないですがまれに盗難車が放置してあるケースもあります。

放置自転車の処分までは各世帯の通知文の投函や自転車への張り紙、一時保管等を考慮すると

約1ヵ月くらいはかかるでしょう。

おそらく約4年間で100台くらいは処分したと思われます。

駅近くの物件で乗り捨てや引越しの置き忘れなどで駐輪場に自転車が増えてしまうようです。

物件に専用の駐輪場が無いケースもあります。

共用部の廊下に放置すると消防法に抵触する可能性もあります。

物件の状況に合わせて駐輪場の新設や整備をしたいものです。