排水管トーラー作業

KIMG1702
KIMG1703

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は排水管の詰まり除去についてご相談をさせていただきます。

物件は東大宮駅から歩いて10分のワンルームマンションです。入居者様からご連絡があり、

「トイレが詰まって使用できなくて困っている。」とのことでした。

すぐに業者さんを手配して現地の確認を行いました。

入居者様に詰まりの原因となる物を落としたりしておらず、詰まる原因に心当たりはないとのことでした。

入居者様がうっかり何か物を落としている場合は入居者様の過失となり、作業費を入居者様にご請求または

保険の申請を行い作業費の回収を行います。

ラバカーカップ(すっぽん)では詰まりが解消できませんでした。

そのため、便器を外してトーラーと呼ばれる詰まり除去の道具を使用して詰まりを取り除きました。

排水管の中を20m先まで貫通できるトーラーを業者さんに用意して頂きました。

原因は排水管の曲がるL字部分にティッシュペーパーが引っかかっていたことによるものでした。

トイレットペーパーを水に入れると細かく水に解けてバラバラになりますが、ティッシュペーパー

トイレに流すと排水管の途中で引っかかり詰まりの原因になる場合があります。

物件のエントランスの掲示板に「トイレットペーパー以外は便器に流さないでください。」とのお願いの文章をお知らせしました。

作業費は便器の脱着費、作業費、出張費込みで約4万円でした。

トーラーや高圧洗浄など排水の詰まりを除去する方法複数あります。

原因を確かめる為に胃カメラのようなカメラを排水管に入れて調査を行なうケースもあります。

トイレが使えないと生活に大変支障があるため、復旧には迅速さが求められます。

お客様にご満足いただけるような対応を心掛けたいと思います。