住宅用火災報知器の交換

DSCF10252

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は火災報知器の交換についてご紹介をさせていただきます。

10年くらい前に消防法により住宅用の火災報知器の設置が義務化されました。

主として居室・寝室・階段階段等の室内の天井や壁に設置をすることなっています。

ホームセンター約3,000円前後で購入か可能です。

①煙感知器

②熱感知器

報知器にも種類があり居室等の設置は煙感知器を使用しております。

流し台の廻りや収納の内部などは熱感知器を設置しております。就寝中に火災に気が付けるように

報知器が作動すると「火事です家事です。ピーピー。」と大きな音が鳴ります。

10年前に設置された報知器が誤作動するケースもあります。

内臓の充電池の寿命が約10年だそうです。

誤作動して警報音がなったら取り外して内部の電池の線を抜くと音をとめることができます。

電池式ではない自動火災警報器等の報知器の場合は直結で電源配線されたいる為、管理会社や電気屋さんにご相談すると

良いでしょう。