コーキング部分補修

DSCF3243
DSCF3244
DSCF3245

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回はコーキングの部分補修についてご紹介をさせていただきます。

物件は土呂駅東口から歩いて約10分の距離にある2DKの建物です。

原状回復工事の工事の完了検査時に洗面台のコーキング部分補修を行ないました。

長年の使用により洗面台の一部がはがれている箇所がありました。

洗面化粧台の給排水には水漏れ等は無く交換するより、一部の部分補修を行なうことにしました。

750mmの横幅のサイズの為、交換した場合は50,000円から80,000円くらいの費用がかかると思われます。

設置されてから10年以上経っておりますが、状態は良好でした。

黒く変色している部分にアイボリー色のコーキング補修を行い見栄えを良くしました。

ちょっとしたところですが、少しでも次回入居希望の方がお部屋をご覧になった際に室内が綺麗に見えるように補修を行ないました。

洗面台の排水口には臭気が上がらないように養生のシートがされております。

以前、空室において、排水口のゴム栓をした洗面台で水漏れが発生し、階下に漏水するということがありました。

そのため、空室の流し台、洗面台、浴室の排水口廻りがゴム栓や排水蓋で密閉されないようにすると良いと思います。

全く蓋をしないと排水口から臭気が上がってきてしまう為、隙間を空けて養生のシートで虫や臭気が上がらないようにしています。

また、工事の完了検査時には全ての排水口廻りに髪の毛や汚れがないかどうかを確認します。

次回入居される方が気分良く入居できるように、空室の水廻りの状態が綺麗であることはとても重要であると思います。