お知らせ・その他

DSCF5499
DSCF5514

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は建物点検の際に発見した不具合についてご紹介をさせていただきます。

弊社では1ヶ月に一度、弊社のスタッフが管理している物件に建物巡回に行き点検を行なっております。

今回は点検した物件の植栽が管理している物件の敷地を越境してしていることを発見しました。

近隣の方は弊社管理物件内にある植栽を勝手に切ることはできないため、近隣の方から苦情が来る前に剪定作業を完了したいところです。

点検から剪定完了までの流れは下記の手順で行なわれます。

①建物点検担当者が敷地内で除草や剪定が必要な箇所を発見

②改善が必要な箇所の状況を修理管理担当者に報告

③管理担当者からオーナー様にご報告・改善提案・ご相談

④弊社にて剪定受注またはオーナー様手配業者さんにて剪定

⑤改善復旧の現地確認

4月を過ぎて5月・6月は気候が暖かくなり雨も降るようになり、雑草や樹木の枝葉が伸びる季節になりました。

植栽の種類や伸び具合に合わせて剪定の日程や剪定の方法検討していきたいものです。

DSCF5480
DSCF5478

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は建物点検の際に発見した不具合についてご紹介をさせていただきます。

弊社では1ヶ月に一度、弊社のスタッフが管理している物件に建物巡回に行き点検を行なっております。

今回は点検したマンションの1階階段の一段目が破損していることを発見しました。

原因は経年の劣化や何か重い物が落下した可能性がありますが、表面に何かが衝突したような痕跡が見当たらないことから、

長年の使用による経年劣化と思われる状況です。

点検から復旧までの流れは下記の手順で行なわれます。

①建物点検担当者が敷地内で不具合や改善が必要な箇所を発見

②改善が必要な箇所の状況を修理管理担当者に報告

③修理担当者からオーナー様にご報告・改善提案・ご相談

④弊社にて工事受注またはオーナー様手配業者さんにて工事

⑤改善復旧の現地確認

入居者様がつまづいたりしてお怪我がされたりしないように出来るだけ早い復旧をすすめて参りたいと思います。

 

 

 

KIMG3111
KIMG3040

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は塩の散布による除草についてご紹介をさせていただきます。

弊社では約6ヶ月前から除草剤として塩の散布を行なっております。

主に近隣の住宅や畑等に影響がでないような砂利引きの駐車場を中心に行っております。

散布し始めた頃は本当に効果があるのかどうか半信半疑でしたが、数回の散布の経過を観察していくと明らかに雑草が生えにくくなっていくことが判明しました。

既に伸びてきた雑草に塩を散布した駐車場を2週間ほどしてから確認に行ったところ、雑草が茶色になり枯れていました。

例年の5月の頃の駐車場は雑草が伸び始め緑色に覆われた光景でしたが、今年は昨年から散布した塩の効果により一面が茶色で、まるで秋になったような雑草が枯れている光景でした。

散布には「ふるい」というザルを使用して全体的に均一に撒きましたが、植物の生命力は強く散布したヶ所から100%生えてこなくなったわけではありませんでした。

散布に同行した先輩にお話を聞いたところ、地面の下に植物の根が残っている為、根が枯れない限りは生えてくるとのことでした。

また、塩の散布は一時的に植物を枯らすことを目的とした除草作業ではなく、土地を酸性化して長期的に雑草が生えにくくなるような土壌改良に近い作業だとお聞きしました。

畑のように作物を育てるような土地に塩を散布することは不向きですが、駐車場にように宅地や農作地などしての利用を目的としていない土地対しては除草の手間が減り有効のようです。

塩を散布することに当たって注意している点は近隣の住宅や駐車している車輌に影響がないようにすることです。

駐車場の隣地が戸建てや畑の場合は散布をしないようにしております。

散布する日程はは地面に浸透し易いように雨の日や天気予報で翌日が雨の予報が出ている日を選んでおります。

風が強い日は撒いた塩が飛び散る可能性があるので、散布を控えるようにしています。

弊社で管理している約10ヶ所の駐車場を対象にオーナー様から許可をいただき、散布を実験的に行なっております。

現時点での塩の散布量は通常の除草剤を撒くような量で大量に撒いてはいませんが、塩により植物を枯らすという効果を確認することができました。

今後は散布の量やタイミング、近隣への配慮が課題となります。安全に効果的に散布を行ないたいと考えております。

 

 

KIMG27511
KIMG2753
KIMG2757

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

弊社の作業車にキャリアーの取り付けを行いましたのでご紹介をさせていただきます。

部材はイエローハットさんで購入させて頂きました。

架台の部材とバーの部材は別売りで下記の金額で購入をしました。

架台部分の4組1セットで約15,000円

バーの2本1セットで約5,000円

使用した工具は同梱包されていた六角レンチ1本で取り付けできました。

手順としては下記の①~③の工程で組み立てできました。

①荷台4箇所を乗せて取り付けし仮締めをする。

②バーを架台に差し込む

③各箇所の増し締めし、セキュリティの鍵部品の取り付け

作業時間は約1時間でした。6段の脚立を乗せて作業完了です。

 

 

 

KIMG2488

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は東京電力のスマートメーターについてご紹介をさせていただきます。

以前は電気メーターというとメーターボックス内に円盤の検針部品があり、電力を多く使用すると早くクルクルと円盤が回り使用量が増加するという形でした。

現在では、使用量が数字でデジタルの表示板に使用量に応じて数値が増加するスマートメーターと呼ばれる電気メーターに普及してきました。

東京電力にお電話をすると約30分くらいで遠隔操作により通電をしていただけます。

退去した後の空室の電気を通電する為に以前では作業員の方が現地に来て配線の接続をしてから、通電してもらうけーすがありました。そうするとお電話をしてから通電するまでに数時間の時間を要する場合がありました。

スマートメータによりとても便利さを感じております。

また、使用料金についてもインターネットでの検索が可能になっており、当月の電気料金を調べたい場合はネットで金額を確認することが出来ます。

ペーパーレスになることで資源のエコにもつながっているようです。

退去した後にリフォーム業者さんが空室の工事で電気を使用する際や空室の入居者希望者様のご案内で電気を使用するため、退去後に東京電力さんに連絡して空室の通電を行っております。

通電時間が短縮されて何よりです。

  • knee_bnr01
  • 私が戸建賃貸を借りる理由
  • banner_B-e1580116086172
  • knee_bnr04
pagetop