お知らせ・その他

DSCF48671
DSCF48691

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は除草剤の散布についてご紹介をさせていただきます。

弊社の管理物件においては定期的に除草や剪定をおこなっつております。

除草においては敷地の状況によって草刈機などの機械を使用する場合や人力の手作業で行なう場合など様々です。

今回は草刈機の使用が出来ない状態でした。敷地内の砂利引きの駐車場には数十台の利用者様がおり、

草刈機を使用すると小石が飛び跳ねて車にぶつかり車にキズをつけてしまう可能性がありました。

一旦、除草剤を散布して枯れた頃に手作業で雑草を抜くという方法をとりました。

地面にへばりついた雑草を抜く作業はなかなか根気のいる作業でした。

手作業で使用する草刈鎌が草を刈る際に砂利とぶつかり刃に傷がつき、作業が完了する頃には新品で購入した草刈鎌に刃こぼれが出来ていました。

後日、シルバー人材センターで刃物の砥ぎ作業をやっているということをお聞きして、草刈鎌と剪定鋏を依頼しに行きました。

場所は大宮駅東口の中仙道をさいたま新都心に向かう途中にあります。

草刈鎌2本で800円、剪定鋏1本400円、合計1,200円で3本の砥ぎ作業を行っていただきました。

仕上がりはとても満足のいくピカピカさになって戻ってきました。

そのうち自宅で使用している包丁もお願いしにいこうと思います。

話が若干脱線してしまいましたが、廻りに車や石が飛び跳ねる心配が無いときなどは草刈機を使用して除草を行ないます。

草刈機を使用すると効率よく雑草を切ることができますが、弱点として根っこまで抜くことが出来ないので、

除草剤を散布しないとすぐに伸びてきてしまうことがあります。

敷地の状況や廻りの環境に応じて適切かつ効率のよい除草や剪定をおこなっておいたいものです。

 

 

DSCF5008

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は敷地内共用部の放置物撤去についてご紹介をさせていただきます。

賃貸物件アパート・マンションの場合、共用部(廊下・階段)等には原則的に私有物を置けない契約になっているケースが多いです。

消防法により、緊急避難を妨げるような私有物は置けない決まりがあったりします。

弊社では毎月、物件の定期巡回を行っているため、大量の放置物やゴミ等が敷地内にある場合は張り紙やご連絡を行い、移動・撤去をすすめます。

ケースによっては入居者様が放置物の所有者の際に費用負担をしていただき弊社で処分することもあります。

特に退去の際には様々な処分品(家電や家財)が発生し、回収できない家電などをゴミ置き場に置かれてしまうこともあります。

お引っ越しにおいて時間的に処分スケジュールが組めず、やむなく敷地内のゴミ置き場においてしまう場合もあるでしょう。

私も以前、引越しの際に市のゴミ処分センターに車にゴミを満載して向かったところ、センターの受付時間を若干過ぎてしまい困ったことがありました。

今回のケースは私有物を廊下やバルコニーに大量に置いていたため、近隣住人からの苦情もあり、「賃貸借契約の共用部に私有物を置いてはならない」

という約定の元、撤去していただくこととなりました。

対応に困ってしまうケースとしては張り紙や通知文、電話連絡等の対応をおこなってもシュ所有者の方とご連絡が取れない場合です。

所有者の許可無く処分ができないからです。

敷地内の放置物のなかには車や大型バイクを置かれてしまうこともあります。

建物所有者様は敷地内の無断の放置物に対して妨害排除請求権という権利があり、撤去・処分を行なうことができますが、その行使においては法的な手続きが必要だったりします。

いかにして費用も時間もかけず、早急に敷地内の放置物に対して対応できるかが、管理会社に求められることでしょう。

ケースバイケースですがその時々に応じて最善の対応を心掛けたいものです。

 

before
20190808_085618-1209x16121
horizontal
after
20190808_090609-1209x16121

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回はIHコンロの交換についてご紹介をさせていただきます。

物件は土呂駅から歩いて10分くらいの場所にある単身向けの3階建てのマンションです。

入居者様からご連絡があり「キッチンのコンロが使えなくなって困っている。」とのことでした。

IHコンロで良くあるケースがコンロ表面のガラストップに何か物をうっかり落としてしまったり、

鍋を強く置いてしまったりして、ガラストップにヒビが入ったり割れたりして故障する場合があります。

今回は特に入居者様の過失は無く、コンロの電気配線に不良があり本体交換することにより改善しました。

一口コンロの流し台であったため、コンロが使用できないと食事を調理することが出来ない状態でした。

そのため一日でも早く復旧できるように工事会社さんとご相談をいたしました。

結果として入居者様からご連絡をいただいてから3日後に復旧が完了しました。

現在ではエアコンの不良が発生した場合、1日でも早く復旧しなければなりません。

エアコンが使用できないことで熱中症になってしまっては大変だからです。

建物設備の故障箇所の内容や状態によって対応のスピード緊急度合いが変わります。

水漏れの症状においてもポタポタ漏れている場合とジャージャー漏れている場合では初動の対応スピードによって被害や損害の大きさが変わります。

修理の状況に応じて適切な対応を心掛けたいものです。

DSCF4921

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回はガラスのひび割れについてご紹介をさせていただきます。

入居者様からご連絡があり、ベランダのガラスにヒビが入ってしまったとのことです。

状況確認してみると特に何かをぶつけて衝撃を与えるようなことはしていないとのことでした。

網入りのガラスであった為、熱割れという症状だと思われます。

室内と室外の温度差でガラス内部の金網が膨張しガラスにヒビが入るようです。

ガラスに金網が入っている為、ヒビがガラスに入ってもガラスが割れて飛散するケースは少ないです。

入居者様に過失はなく自然現象(通常生活の範囲内)での発生の為、修理費用は入居者負担にならないように

させていただきました。

別のケースですが、室内でつまづいてしまいテーブルの倒れ掛かり、そのテーブルがガラスに当たり破損させてしまったケースがありました。

その際も入居者加入の保険適用により入居者様の修理費用は保険の範囲内でまかなうことが出来ました。

過失ではなく故意(わざと、破損する意思がある)の場合は保険の適用が困難になります。

例えば壁にパンチをして穴を開けけてしまった場合などです。

まずは管理会社に相談してみると良いでしょう。

DSCF10252

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は火災報知器の交換についてご紹介をさせていただきます。

10年くらい前に消防法により住宅用の火災報知器の設置が義務化されました。

主として居室・寝室・階段階段等の室内の天井や壁に設置をすることなっています。

ホームセンター約3,000円前後で購入か可能です。

①煙感知器

②熱感知器

報知器にも種類があり居室等の設置は煙感知器を使用しております。

流し台の廻りや収納の内部などは熱感知器を設置しております。就寝中に火災に気が付けるように

報知器が作動すると「火事です家事です。ピーピー。」と大きな音が鳴ります。

10年前に設置された報知器が誤作動するケースもあります。

内臓の充電池の寿命が約10年だそうです。

誤作動して警報音がなったら取り外して内部の電池の線を抜くと音をとめることができます。

電池式ではない自動火災警報器等の報知器の場合は直結で電源配線されたいる為、管理会社や電気屋さんにご相談すると

良いでしょう。

 

  • knee_bnr01
  • 私が戸建賃貸を借りる理由
  • banner_B-e1580116086172
  • knee_bnr04
pagetop