造作棚を設置にレッツゴーの巻

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は造作の棚設置についてご紹介をさせていただきます。
造作の棚

大工さんが準備した造作棚をトラックに積んで取り付けにレッツゴーです。
キッチン脇のスペース

造作棚

キッチン脇のスペースに用意してきた木材を組んでいきます。

1mm単位での組み立て、木材カット調整を行っていきます。

あじゃぱー!
キッチン脇のスペース

組んできた収納部を天井付近に取り付ける際に木材が壁に当たってしまい、壁紙にキズがついてしまいました。
同時に作業に入っていたクロス屋さんに丁重にお詫びをしてキズのついた一面を張り替えていただきました。

白い木材にオイルステンという塗料を塗布して渋い茶色の木材になっています。

作業時間は搬入してから組み上げまで二人作業で朝から夕方までかかりました。

私は大工さんの指示に従ってお手伝いをさせていただきました。
3mmの誤差で組み立てに支障がでてしまう細かい作業でした。

大工さんは「こりゃー。家具屋さんの仕事だな~。」とおっしゃっていました。
既製品の家具では困難なオーダーメイド造作の棚が拝見できてとてもよかったです・

スライド式の稼動棚や棚板の位置変更可能など様々な工夫がされておりました。

貴重な体験をありがとうございました! 合掌