ツタ(蔦)がツタっているの巻

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回はマンションの外壁に蔦(ツタ)がつたっている現地調査をご紹介させていただきます。

入居者様がご連絡があり、「植物が窓の網戸に絡みついて開閉できない。」とのご連絡がありました。
ツタ(蔦)がツタっているの巻

現地を確認してみるとマンションの外壁部分に植物が約10メートル伸びていました。
ツタ(蔦)がツタっているの巻

エントランスの反対側の外壁でした。いつの間にこんなに伸びてしまったのかという感じでした。
ツタ(蔦)がツタっているの巻
な・なんと一本の茎から広がっていることが分かりました。
茎の直径は2センチメートル程でした。

入居者様のお住まいのお部屋の網戸に絡まったツタを除去し、網戸張替えを行ないました。

このままツタが生長を続けると外壁が緑で覆われてしまう状態となります。

緑化という面では良い事かもしれませんが、外壁の防水にとっては劣化を進行させる原因となります。

植物さんごめんなさい。

茎を切断させて頂きます。そして、栄養がいきわたらず枯れた頃に、外壁から一気にツタを剥がします。

1ヵ月後くらいに枯れているか確認を行いたいと思います。