消火器の点検

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

本日は消火器の巡回点検の事例をご紹介させていただきます。
2640

消火器が共用廊下の中央にあります。

2641
消火器の製造年を確認しました。
2014年製でした。
大体8年製造年から経過した場合は交換のご提案をさせていただきます。
中身の詰め替えも可能ですが交換とそこまで費用が変わらない場合があります。

10年経過した消火器は間違いなく交換が望ましいです。

過去に何度か共用廊下で消火器が噴射されていたケースがあります。
誤作動防止用のピンが付いていますので、ピンが外れていないか確認を定期的に行います。

消火器は持ち手が2段あり、使用以外は必ず下のハンドルを持つようにしています。

ピンが抜けた消火器を間違って握ると誤噴射してしまいます。
2642
きちんと消火器ボックスの扉が開閉できるか確認をします。

緊急時に扉が開かなくて消火器がしようできないと大変なことになります。

日常的に開閉する場所ではないので、とても扉の開閉が固く開けにくい場合があります。