お手軽に水廻りのカルキを除去しようの巻

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回はカルキ除去の事例をご紹介させていただきます。

水道水に含まれているカルキはカルシウムになり、
カルシウムは使い続ける内に溜まってしまい白いシミのような、
粉がふいたような物になり不衛生な物ではないのですが見た目は綺麗ではありません。

2656

カルキにより排水口の目皿が白く変色しています。

シンクや蛇口の白い変色は水道水のカルキ(カルシウム)が原因でおこります。

ほっておくとかなり取れにくい汚れになり、台所洗剤や石鹸などでは取れる事ができません。

カルキ(カルシウム)の汚れに強い「クエン酸」油等の汚れやくすみを取る事が出来る
「重曹」2つを合わせるとしつこい汚れも落としてくれます。

2657

カルキがなくなりました。 

クエン酸は酸になる事からアルカリ性の汚れを落としてくれます。

水垢になるカルシウムはアルカリ性の汚れになるためクエン酸が中和して落としやすくしてくれます。

水垢が溜まって来るととても落としにくく、クエン酸の後摩擦効果がある重曹を使う事でピカピカになります。

2658
空室の流し台排水口の不品を外し清掃状態の確認をします。

お部屋探しのお客様は空室の間取り等も重要ですが
流し台や水廻りの清掃状態もご確認してみてはいかがでしょうか。