看板修理の巻

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

本日は看板修理などをご紹介させていただきます。
2525

建物物件看板の裏側

固定木枠が劣化により腐食いましたので、新しい木材に交換を行いました。

インパクト(電動ドライバー)を使用して既存の枠を外してから、
新たに枠組みを行いました。
大きさは畳1枚分の看板サイズです。

2526

建具の建付け調整を行いました。

写真は室内建具(一本引き戸)の上部です。

吊式の建具です。吊金具はプラケットと呼ばれています。

現地を確認しに行くと入居者様が

「建具が重たくなってしまって開け閉めが大変なんです。」とおっしゃっていました。

原因は経年の使用により、プラケットが緩み建具本体が下がっていることでした。
そのため、開閉すると建具本体と床が擦れて重たく感じる状態でした。

写真のプラッケットのある調整ビスを回して建具本体が少し上がった状態にしました。

入居者様に改善をご確認いただいて対応完了です。
2527

貯水槽給水ポンプ交換完了。
故障した給水ポンプが新規交換されました。
完全に故障し、全世帯が断水してしまう前に交換が完了して何よりでした。