ガラス熱割れの巻

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回はガラスの熱割れの事例をご紹介させていただきます。

入居者様から「気がついたらガラスが割れていた。」とご連絡がありました。

現地の確認をしてみるとガラスにヒビが入っていました。
ガラス熱割れの巻
ガラス熱割れの巻
何かの強い外からの衝撃によりガラスが割れた場合は
蜘蛛の巣状に割れるケースが多いです。

入居者様も何かぶつけた覚えはないとのことでした。
症状から熱割れと呼ばれる現象だと思われます。

熱割れとはつまり室内と室外の気温の温度差や変化によって起こるようです。

ガラスが直射日光を受けると、日射熱によってあたためられた部分が膨張します。
一方、ガラス周辺のサッシに埋め込められた部分や影の部分はあまり温度が上昇しません。
あたためられた部分がしだいに膨張していくのに対し、周辺部や影の部分にはあまり変化がないので、
周辺部付近に引張応力が発生します(熱応力)。
そのガラスのエッジ部の許容強度を越える引張応力が発生すると熱割れが起こります。

※熱割れは、冬の晴れた日の午前中に起こりやすくなります。
サッシ周辺が冷え切っているのにガラス面は日射を十分に受けて温度が上昇するので、
大きな温度差が生じて熱応力も大きくなるからです。

難しいことはさておき交換で対応を行ないたいと思います。