下駄箱建付け調整の巻

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は下駄箱の調整をご紹介させていただきます。
2442

長年下駄箱を使用していると扉の取手部分が緩みグラグラする場合があります。

2443

今回の場合は取手裏側にビス1箇所で固定されているタイプでした。
固定の方法は外側の取手を掴んだ状態で、裏側の固定ビスをドライバーで締めれば完了です。

2444

下駄箱にスライド丁番という金具部品が付いています。
2445

スライド丁番を調整することによって下駄箱2枚の扉の位置を調整することができます。
具体的には2枚の扉の上部が一直線になる様に揃えたり、扉と扉の中央の隙間の間隔を等間隔にしたりします。

スライド丁番は流し台の扉や下駄箱の扉、収納の扉などに使用されています。

以前扉の建付け調整の方法を職人さんから教えてもらった時は
とても嬉しくて自宅の扉を全部調整したりしました。

現在ではインターネットの動画サイトで調整の方法が掲載されていますので、興味のある方はご覧くださいませ。

また、ドライバーが1本あれば調整できますので、是非お試しくださいませ。