電球恐るべしの巻

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は電球の熱についてご紹介をさせていただきます。
電球恐るべしの巻
電球恐るべしの巻

長年の電球の熱により上部の化粧板部分の表面がひび割れてきています。

そのため蛍光管タイプの手元灯の交換でオーナー様にご提案を行ないます。
手元灯でしたらカバーが付いているため上記の写真のように破損することはなくなります。

併せてヒビ割れた部分にシート張りを行い補修をします。
シートの材料名はダイノックシートと言う部材です。
1mの単価は5,000円から10,000くらいの商品となります。

電気と内装に対応ができるリホーム業者さんにお任せをします。
1人の方で対応ができたほうが業者さんの人件費を抑えることができるからです。

電気屋さんとクロス屋さんの2社に分けてお願いすると出張費や人工費用が2倍かかります。