消火器の交換

DSCF2281
DSCF2283

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は消火器の交換についてご紹介をさせていただきます。

物件の場所は土呂駅から歩いて10分ほどの距離にある建物です。

共用部の廊下に設置してる消火器の使用期限が過ぎていた為、オーナー様に交換をご提案しました。

消火器の使用可能な年数は約10年といわれています。

中身を詰め替える方法もありますが、中身の詰め替え作業と本体費用の交換費用がほとんど変わらない為、交換でご提案しております。

いざ火災が発生した場合に消火器が使用できず被害が大きくならないためにも消火器の本体に明記された使用期限を過ぎた場合は交換を行ないます。

今回交換した本数は4本です。4世帯1棟と6世帯1棟の建物です。2階建てで各廊下に1本づつ設置されています。

廊下の壁に引っ掛けるタイプの設置方法でした。材料の注文は壁に引っ掛けられるようにフックが付いたタイプを注文しました。

過去に火災が発生したケースが数件ございました。廊下にあった消火器があったことで被害が抑えられることできました。

火災の際に消火器があるのと無いのでは被害の状況が大きく変わってくると思います。

弊社で管理している建物でこの4年間火災は1度も起きておりませんが、10年のうちにもしかしたら1件くらいは発生するかもしてません。

そのときに消火器が役に立つように期限が切れた消火器の交換のご提案・設置されていない物件の新規設置のご提案をすすめて参ります。