浴室蛇口のパッキン交換

2バルブの蛇口の下側からポタポタ水漏れしている状態です。
2バルブの蛇口をパッキン交換するために分解しました。
新旧の三角・コマパッキンです。
三角・コマパッキンの取り付け完了

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は浴室蛇口のパッキン交換をご紹介させていただきます。

入居者様からご連絡があり、「浴室の蛇口からポタポタ水漏れしているので見に来てほしい。」とのご連絡がありました。

現地を確認してみると、蛇口からお湯を出すとバルブの根元から水が漏れてきました。

ひとまず蛇口内部のゴムパッキンを交換することにしました。

蛇口内部のパッキンは2種類あり平べったい丸型が三角パッキンで駒型をコマパッキンと呼んでいます。

三角パッキンはパッキンを上から見ると丸型ですが、横から見ると三角形のような形をしているからだと思います。

【蛇口のパッキン交換に使用する道具は下記の①~⑤です。】

①カッター

②ドライバー

③フライヤー

④ラジオペンチ

⑤雑巾

【蛇口のパッキン交換に作業工程はは下記の①~⑤です。】※止水栓を必ず閉栓してから作業を行います。

①カッターの刃の部分を差し込んで2バルブ上部のお湯・お水のピンク色と青色の蓋を外します。

②ドライバーでバルブ上部の固定ネジを外します。

③フライヤーでバルブ下にあるナット部分を外します。※水道専用のナットの形に合うフライヤーを使用すると便利です。

今回はカラスと呼ばれる通常のフライヤーを使用しました。なぜカラスと呼ぶかと言うとその名の通りカラスの嘴(くちばし)の形に似ているからだと思います。

④ラジオペンチでナット内部のスピンドル下側のコマパッキンを外します。

⑤三角・コマパッキンを交換し、分解した部品を再度取り付けていきます。雑巾で水栓廻りを綺麗に拭いて作業完了です。

三角パッキン2個、コマパッキン2個の材料費はホームセンターで数百円です。

弊社でお取引している専門の業者さんに依頼すると出張費・作業費・材料費で5,000円くらいでしょうか。

建物オーナー様ご自身で交換すれば材料費の500円くらいで済ませることが出来ます。

今回対応したお部屋は弊社のある土呂町から近い為、弊社スタッフにて交換をさせていただきました。