建具の破損

DSCF92591
DSCF9260

ブログをご覧の皆様こんにちは♪

今回は建具の破損についてご紹介をさせていただきます。

入居者様の過失により建具に穴が空いてしまいました。

修理・改善の方法としてはいくつかの方法があります。

①穴が空いてしまった場所をパテ埋めして新たにシート面材を貼る方法

②建具自体を交換してしまう方法

①と②の施工費用を比較して選択を行ないます。本体交換をした方が安価な場合がよくあります。

また、穴が空いてしまった経緯によっては入居者様が個別に加入している保険で費用がまかなえる場合があります。

故意に破損した場合は保険適用にならないケースがほとんどですが、うっか躓いてぶつかってしまった過失の場合等に保険適用できることがあります。

入居者様ご自身で原状回復修理を直接行い費用を抑えるケースなどもあります。

賃貸物件で室内を破損してしまった場合はまず管理会社のとよく相談してみるとよいでしょう。