賃貸×子供部屋

こんにちは、経理の藤原です。

4歳と2歳の男の子たちに自分のベッドを買ってやろうと思い、先日IKEAで思い切って購入してきました。

3005
3006

2台いっぺんに組み立ては大変でした(~_~;)

取り敢えず完成したので今日から一人で寝かせる訓練がスタートです。いろんなことをちょっとずつやらせて自立させていこうと思います。




ところで・・・

賃貸住宅に住むうえで子供部屋をどうするか?というのは子育てをする家庭の悩みの種です。

今のままで子供の人数分部屋が確保できればそれに越したことはないのですが、子供が増えて、または大きくなって

手狭になってくると住み替えが必要になり、購入するにしても、また借りるにしても大きな出費です。



そこで、今の住宅に住みながら子供部屋の悩みを解決する方法について書きたいと思います。

まず、子供がいる家庭で子供部屋が必要だと考えている人の割合は大体8割くらい。
ほとんどの人は子供部屋が必要だと思っています。

理由は、お勉強をするのに集中させる為。思春期になって一人の空間が必要だから。などなど・・・



しかし、そこまでして子供部屋を用意する必要があるのか???

小さい頃お勉強って、リビングで親に教わりながら、監視されながらやるところがほとんどですよね。

大きくなってからも塾や図書館で集中して勉強できます。最近は自分の部屋で一人勉強するよりも

誰かに見られながら人の気配を感じて勉強する「リビング学習」の方が効果的だと言われています。

子どもが大きくなってから、着替えたりマンガ読んだり音楽聞いたりするのにも、間仕切りをして空間を

分けるだけでも最低限のプライバシーは保てます。

同じ部屋に家族が集まっていれば家族だんらんの時間を増えますし、光熱費の節約にもなる(¥_¥)
3007
大きな出費をする前に、もう一度子供部屋のあり方について考えてみてはいかがでしょうか。