ゴミ屋敷!その実態は

こんにちは、藤原です。
みなさんの周りには、いわゆる「ゴミ屋敷」といわれる家ありませんか?
3099
最近夕方のニュースで「ゴミ屋敷」によるご近所トラブルをよく見る気がします。私の生活しているエリアや通勤途中

にある住宅でもちらほら見かけます。だんだん増えているような気がしてならない・・・と思っていたら新聞の記事で

こんなものがありました。

事件現場特殊清掃士が在籍している全国の企業が10月25日「ゴミ屋敷無料相談の日」と題しゴミ屋敷の相談を全国から無料で受け付け】


【いま遺品整理士認定協会の事業に注目が集まっている。】


この記事を読んで・・・

今までは「ゴミ屋敷の住人」=片付けが苦手な人、物を捨てられない人。とひとくくりに見ていました。

しかし実態としてはどうなっているのか?なんで「ゴミ屋敷」は増えているのか?というのも一緒に考えておく必要が

ある事を実感しました。

捨てるのが苦手な人の中には、高齢者夫婦のどちらかが亡くなって片付けがうまくできず、頼れる人も周りにおらずどこに相談すればいいかわからない。という方が多いといいます。また、処分を依頼しても高額な見積りを見せられて諦めてします人もいます。
3100
3101

物を捨てられない人の中には、要るもの要らないものが自分で判断できない人や、ゴミの分別方法が昔より複雑になっていて対応できないひとなんかもいます。

そう考えると、なにかあっても周りに頼る人がなく、自分で判断できない、行動をできないことで陥ってしまう現象なのかな?と思いました。
最初から人に迷惑をかけようと悪意をもってやっているとは考えにくいですし・・・


私たち管理会社が扱う物件には、外から見て明らかに「ゴミ屋敷」というのも中にはありますが、部屋に入ってみてビックリ!の「隠れゴミ屋敷」がかなり多くあります。そういった部屋の方に対しても、こういう情報をお伝えしていく必要がある事を感じました。