【不動産賃貸】賃貸物件を借りるときの初期費用はいくら位かかる

こんにちは
管理担当 伊藤です。

初期費用の内容について
お部屋を借りるときには、月々支払う「家賃」だけでなく、敷金や礼金、仲介手数料など、入居前にまとまった金額が必要になります。これを、「初期費用」といいます。
【不動産賃貸】賃貸物件を借りるときの初期費用はいくら位かかる

掛かるお金の内容について
敷金…家賃1カ月分が目安です。主に部屋を退去するとき、原状回復にかかった金額が差し引かれて戻ってきます。

礼金…部屋を所有する大家さんに対して、お礼の意味を込めて支払うお金です。でも実際は仲介会社の広告費として、大家さんから仲介会社へ支払うお金になる事が多いです。最近は礼金ゼロの物件が多くなりましたが、家賃の高い物件はまだ礼金が付いていることが多いです。
【不動産賃貸】賃貸物件を借りるときの初期費用はいくら位かかる

前家賃…家賃1カ月分が目安です。例えば2月に契約し、3月から住む場合、3月分の家賃をあらかじめ支払うかたちになります。また、月の途中から入居する場合は、日割り家賃が発生します。最近は口座振替による引き落としも多くなったため、振替手続きの為もあります。

仲介手数料…家賃0.5カ月~1カ月分+消費税です。いわゆる不動産会社の手間賃です。
案内や契約手続きを行った不動産会社に支払います。法律で上限は「家賃の1カ月分」と決められています。

火災保険料…火災や水漏れトラブルなどに備えて、損害保険に加入する必要があり、損害保険会社に支払います。不動産会社に案内された保険ではなく、個人で選んだ保険に加入することも可能ではありますが、加入証明を求められるケースが多いようです。また、修繕にも使えることがあります。

保証料…家賃+共益費0.5カ月が目安。家賃保証会社を利用する場合に支払うお金で、戻ってきません。万が一、家賃を払えなくなった場合の備えになります。連帯保証人がいれば不要なケースもあります。
【不動産賃貸】賃貸物件を借りるときの初期費用はいくら位かかる


その他にも引越し費用も掛かります。
距離と持っている荷物の量、引越し時期によって異なります。シングルで3万~10万円、カップルで8万~30万円と幅があるので、見積もりをとりましょう。
※このほかに、鍵の交換料、害虫駆除代、消臭費用などが発生するケースなどもあります。分からない項目については、不動産会社に確認しましょう。
これに加えて、家具や家電を持っていなければ、購入する必要があります。予算を考えながら進めるといいでしょう。費用を抑えたい場合、友人・知人などから安く譲ってもらうという方法もあります。

上記を纏めると
初期費用の総額については、家賃の4.5倍~5倍です。以前は敷金2カ月、礼金1~2カ月ということが当たり前でしたが、現在では敷金0、礼金0が主流になっているようです。

さいたま市で賃貸物件をお探しのお客様はJR宇都宮線 土呂駅西口前1分のイーアールエーLIXIL不動産ショップ 株式会社不動産管理システムにお任せください。
弊社ではお客様のニーズに合わせたお部屋を数多くご用意しております。

詳しくは当社まで

以上