さいたま市北区土呂駅から不動産手続きネットで完結

IMG_2596

こんにちは!

雨のない快晴の日々が続いていますが、雨が降らないので
街は乾燥しています。
風邪には気をつけないといけませんね。

寒い日も続いていますが、雨が降ると寒さは和らぐと思います。

快晴は大歓迎ですが、雨が降らないと作物にも影響がでるなど
人間は勝手なことを考えるものです。

1月14日(月)の日本経済新聞の記事に
不動産関連の内容のものが記載されていました。
「不動産手続きネットで完結」(東急リバブルや大東建託)
要は内覧や更新、住宅ローンの管理などの手続きを電子化して、
効率化(人員削減)しようという企業の動きがあるという内容です。

東急リバブルは新システム導入で人員をこれまでの20人から
半分の10人に減らせると見込んでいます。

確かに不動産はわかりにくい仕組みになっているため、
作業が煩雑で電子化は歓迎です。
募集図面も相変わらずfaxですし、身分証明書などは
写真で送ってもらえばいいのではと思ってしまいます。
(私は実際にはそうしています)
電子化が当たり前になり、顧客自身で対応してもらえなければ、
個人的には、半分にすることは難しいだと思っています。
しくみがわかりにくいのでどうしても説明員が必要なのです。
未だに契約書の雛形等不動産業者ごとに違いがあり、
我々なれた不動産業者にとっても、不明点を何度も不動産会社に確認したりします。

携帯ショップなど分厚いマニュアルがありますが、理解できず
多くの問い合わせは多いのでは(そのための説明要因は必要なのでは?)
ないでしょうか。
私もできるだけオペレーターと直接話したい派です。

このわかりにくさが我々の提案や知識の付加価値として、
仲介業としての商売が成り立っているともいえます。。。。。

でもこれではお客様の為になっていないので、これではいけないのでしょうね。