【不動産賃貸】SNSを利用したお部屋探し

こんにちは
管理担当 伊藤です。

本日はSNSと不動産に関してブログを書きたいと思います。

下記は最近約1年以内に利用した経験のあるSNSの比率です。
LINE(37.5%) 、Facebook(35.3%)、Twitter(31.0%)の順です。
diary_1553_392725_2

一口にSNSと言っても最近は色々な種類があります。
代表的なのはFacebookでSNSは、「実名SNS」とも言われています。

LINEなどはコミュニケーションアプリとして利用が高く、最近では電話もLINEを
使う人が多くなってきているようです。

下記は不動産検索サイト「HOME`S」からの利用満足調査です。
左の図だと今後使いたいアイテムとしてラインがEメールに迫る勢いです。
diary_1553_392725_3

右の図を見ますと「やり取りがスピーディーだから」という理由です。
このように簡単で早く情報が得られるというのが、最近の利用者に受けているのでしょう。
diary_1553_392725_1

但し、年代としては20代~40代が中心で、年齢が高くなるほど利用率は下がります。
これからの不動産検索は簡単・早い・安心というキーワードがポイントになると思います。

以上