【不動産賃貸】住宅確保要配慮者賃貸住宅の供給の促進について

こんにちは
管理担当 伊藤です。

本日は住宅確保要配慮者賃貸住宅の供給についてブログしたいと思います。

そもそも、住宅確保要配慮者とは低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子どもを育成する家庭その他住宅の確保に特に配慮を要する者
と書かれています。まあ何かしら、制限をうけていて住宅を確保しなければならない方々という感じです。
diary_1553_395326_1
対象の入居者を拒まないときは、国から補助がうけられるというものです。

とくに高齢者、障害者などはそれなりの住宅改修が必要だったりします。(手摺やバリアフリー化など)

貸家などを賃貸住宅にして部屋ごとに登録すると各個室ごとに補助がうけられる可能性があります。

住宅セーフティネット法として10月25日より施工されます。