《不動産賃貸》立ち退きをスームズに

こんにちは
管理担当 伊藤です。

今回「立ち退き」をスムーズに進める為の方法というテーマでブログを更新致します。

昨年、一昨年と賃貸マンション、アパートの建て替えが多くなりました。
バブル時期に建てたアパートが30年を超えて、オーナー様も80代以上になり
相続が進んだ事が大きく影響しております。
《不動産賃貸》立ち退きをスームズに
そんな時にトラブルになりやすいのが、「立ち退き」です。
下記記事にあるように民法的に1年前~借主に通知をしなければなりません。
《不動産賃貸》立ち退きをスームズに
《不動産賃貸》立ち退きをスームズに
借主も「はい。分かりました。」とスムーズに退去して頂けるわけではありません。
貸主側からの「立ち退き」は正当事由が必要になりますが、その判断は裁判で判断されます。

裁判になれば、費用も時間もかかります。
多くは貸主側から条件(立ち退き料など)を提示して引っ越してもらうケースが多いようです。

そなると出来るだけ多い金額をもらいたくなりますよね。

最近では、裁判所で”調停”という制度もあります。
これは非公開でお互いの言い分を調停委員が聞き解決をしていくものです。

費用も掛からず時間も短縮できるので良いと思います。

オーナー様でお困りの方がいらっしゃいましたら当社まで、ご相談ください。