スルガ銀行だけじゃない  さいたま市北区不動産との関係

こんにちは!

「かぼちゃの馬車」問題で名前の挙がった
スルガ銀行。不動産とも無縁ではないだろうと
記事が目に留まりましたので、ご紹介させていただきます。
スルガ銀行だけじゃない  さいたま市北区不動産との関係
簡単に話をすると、スルガ銀行は資金がない個人客が、年収証明や預金残高等の改ざんによって
大口融資をしてもらっているという話である。
それも「相当数の社員」が、審査を通りやすくしたり、多くの融資を引き出したりしていたという。

しかし今回題名にあるのは、スルガ銀行の内部資料から「買換先」としていくつもの
銀行が加担している可能性があるということらしい。

私自身は賃貸が多いため、このようなケースはしらないが、不動産(特に投資物件)が絡んでいる為、
いくつも投資用不動産を所有したい個人は、法人名義で(不動産の保有・管理を目的に新設した法人)
借り入れてしまう個人がいるとのこと。

指摘しているのは、08年のリーマン危機は、低所得者への返済能力を超えた住宅ローンの貸倒が
震源地となっており、今後投資物件の空室が増え、家賃収入が入ってこないと、個人も破産するが
金融機関も大きな打撃を受けるのではないかとのこと。

臨界点は静かに、だが確実に近づいているというコメントは融資を受けている物件
を取り扱う、我々不動産業界にも同様であろう。
同じことが言えるだろう。