お客様は神様です。

こんにちは!なかひでです。
本日は午前中物件確認、午後よりお客様の接客、
ご案内をしておりました。
おかげさまでお申込みをいただくことができました。

さて、私達不動産業者は店舗のある周辺地域は
何でも知っていると思われがちです。
しかしよく考えてみるとお客様(オーナー様のこともある)から
教えて頂くことが非常に多いことに気づかされます

先日ブログで土呂周辺は飲食業不可にしている
オーナー様が多いと記載しました。

現実はそのとおりで、来店されるお客様のご希望によりレインズ等で
お探しするのですが、物件としては、東大宮方面、日進方面が多く、
土呂ではまず物件がでてきません。

最近カレーショップを開きたいといというお客様が数回来店され、
その中で、「この物件ありますか」と閉店の貼紙の物件確認依頼がありました。

diary_1553_360580_1


未確認だったため、現場にいってみると従来カメラ屋さんの閉店貼紙で、
別の不動産業者さんが管理されている物件でした。

diary_1553_360580_2

diary_1553_360580_3


電話をして確認した所、その物件の借り手は既にきまっていたものの、
飲食可になった物件とのことでした。
他にはないかききましたが、お客様がついている物件だけで
他にはないとのことです。
やはり土呂地域は飲食可能物件が少ないことはお互い同様の認識でした。

今回調べてみて、飲食可の物件と初めてしりました。

平素「私は不動産屋ですから!」と何でも知っているように振舞っていましたが
実はこのようなお問い合わせや「・・・知っていますか」などの
お声がけから情報を得ることが多いのです。

ですからお金をもらうのはもちろんですが、情報をいただく(御問い合わせをいただく)
ことについても「お客様は神様」と思わずにいられません。

今日はそういうお話しです。