民泊ビジネス 第二弾 さいたま市北区 空家

こんにちは!

日経新聞で「民泊撤退ビジネス急増」という目の引く
記事を見たので、今回第二段として記載いたします。
(2018年6月23日)
日経新聞「民泊撤退ビジネス急増」

以前は思ったより民泊が規制が多くて、参入が少ないこと、
様子を見ている業者が多いが、チャンスがあれば
日本に来ていただける海外の方へ先行利益を求めて
積極的にチャレンジしてみるのがいいのではないかと
記載しました。

しかし現実は厳しいのかもしれません。
民泊新法で、営業日数や安全設備の規制が厳しい(それだけ
コストがかかるということ)
で事業の継続を断念するケースが相次いでいるそうです。

善意の家主まで締め出しているとまで書かれていました。
そのことをビジネスチャンスと捉え、都内の業者が借り上げ
「会議室への転用」や家具の処分販売が盛んだという。

数字に関しても民泊大手の米エアビーアンドビーには春時点で
6万2千件掲載が5月末には5万4千件に減ったという。
消えた8000件は自主廃業した可能性がある。

日本はバブル時も規制を強化し過ぎて、タイムラグをえて
バブルをはじいてしまった。
せっかく日本を観光としてとして魅力的に思っている
海外の人たちの宿泊施設を減らしてしまうと、今はまだ
大丈夫かもしれないが、数年後にはどっと減ってしまう気がする。
(そうなると規制がゆるくなるかも知れないが。。。。)

考えようによっては、世の中需要と供給のバランスなので
宿泊施設が減ってくれば、単価の上昇とともにチャンスなのではないか。

会議室なんかよりもよっぽどチャンスがあると思うのですが。。。。