高齢者住宅

弊社でも、高齢者の住宅紹介業を行いたいという思いから、 
先日(4/25)、弊社社長と二人で高齢者住宅仲介センター日本橋支店社長の満田様に 
お話を伺いに出かけました。東京駅にて待ち合わせました。 

お話を伺ってみますと 
満田様は、ご自身のおばあさまに介護が必要となった事をきっかけに、 
「高齢者が生き生きと暮らせる」をテーマに、 
高齢者住宅を考えるようになったそうです。 

2012年11月に「くらし計画」のフランチャイズに加盟し、 
高齢者の方に、より良い環境で暮らして頂きたいという思いから、 
インターネットを中心に高齢者の住まいを紹介されています。 


満田様の活動は多岐にわたっています。 

◆ 高齢者を取り巻く問題などを、毎日、HPのブログで情報発信。 

◆ 高齢者住宅の講習会を無料で引き受けていらっしゃるそうです。 
  その際作られた資料をHPで拝見しましたが、大変わかりやすく、 
  高齢者本人・家族の疑問に応える物となっています。 

◆ 高齢者の施設を実際に見学に行かれ、レポートを書かれています。 
  建物自体は同じ基準で建てられても、その運営によって、 
  かなり差が生じていることも実感されているそうです。 

◆ 杉並区では、ミニコンサートや気軽に相続など法律が相談出来る場の提供として、 
  「シニアサロン杉並」のイベントも毎月1回開催されているそうです。 

◆ 行政書士の方と一緒に、安価に「自分史」を書くというイベントも昨年開催し、 
  今年も企画中だそうです。 


満田様は、お若くて朗らかさの中に情熱を秘めた魅力的な方で、さまざまなアイディアをお持ちでした。 
アイディアや思いを人に話すと、色々な方を紹介してくださる方が現れるともおしゃっていました。 
現在、満田様は、ご自身一人で活動さてれいるそうですが、 
今後ますます活躍の場を広げて行かれる方だと感じました。 



ちなみに…その日のランチは、マクドナルドのアボガド海老バーガー。 
マクドナルドは、積極的に障害者の雇用に力を入れているそうです。カウンターや掃除の方が、 
障害者の方のようでした。 
また、弊社社長は、農業などに障害者雇用の可能性を考えているとも話していました。 


< written by 青木>