土呂駅前で「家族信託」について考えてみた 不動産管理システム

こんにちは!

今日は「家族信託」について考えてみたいと思います。
家族信託とは「家族信託」とは、一言でいうと『財産管理の一手法』です。
資産を持つ方が、特定の目的(例えば「自分の老後の生活・介護等に必要な資金の管理及び給付」等)に従って、その保有する不動産・預貯金等の資産を信頼できる家族に託し、その管理・処分を任せる仕組みです。いわば、「家族の家族による家族のための信託(財産管理)」と言えます。
家族・親族に管理を託すので、高額な報酬は発生しません。
したがって、資産家のためのものでなく、誰にでも気軽に利用できる仕組みです。
(一般社団法人 家族信託普及協会 H.Pより)
土呂駅前で「家族信託」について考えてみた 不動産管理システム


と記載がありました。
財産管理には、「資産凍結のリスク」と「長寿リスク」(認知症や病気により、資産を適切に管理できなくなること)
があります。
それを財産をもっている人が元気なうちに、本人の希望と想いをのせて(信託)
財産をどのように分配していくのか考えることでもあるかと思います。

このような話は急に持ち上がったのではなくて、実は
2007年に信託法が変更により使いやすくなったのですが、
恥ずかしながら私も知りませんし、士業といわれている方々でも
知らない人が多いと思います。

勉強していくうちに、地域密着の不動産業者が介入することで、
これはビジネスとしてだけでなく、微力ながら地域貢献にもつながるのでは
ないかと思っています。
正直これからの不動産会社は土地や建物を右から左への仲介するだけの
手数料収入に頼る時代は終わろうとしているのではないかと思います。

これからはわかりやすく提案を行い、お客様に納得、満足頂けることで
ご利益を頂く必要があるのではと考えます。