空き家解体業者について さいたま市北区土呂町から

こんにちは!

最近空き家についてブログを記載しましたが、
少子高齢化で空き家が増えるはわかったけど
どうしたらいいのという答えまたはヒントを見つけましたので
ご紹介したいと思います。

今回は読売新聞の記事から
(2018年7月2日付け)

空き家が社会問題化している中で、最近インターネットで「解体業者」を
紹介するサイトが登場してきたそうです。
「解体業者無料見積もりガイド」(あんしん解体業者認定協会)

弊社でもホームプロに加盟し、見積もりを頂き、一業者と
なっているが、その解体業者版でしょうか。

相見積もりも3社は取りたいとコメントがあり、
適正価格でやってもらえる可能性は高いと思います。

空き家がそもそも増えているのは、空き家を相続する人が
いないことももちろんですが、日本では、空き家を買いたいして、更地に
すると固定資産税が6倍に増える(200㎡以下)ことが原因の1つでもあります。

げんざい 「空き家対策特別措置法」によって「特定空き家」に指定されると
是正、改善命令もそうですが、固定資産税の優遇措置が解禁されます。

また相続により書いた以後の土地を1年以内に売却できれば、譲渡所得から
最大3000万控除できる税制政策もされています。

自治体によっては補助金を出すところもあるようですので、
是非チェックをしてみてください。

今後家余り、土地余りが予想されるので、
処分するなら今のうちだと思います。
もちろん古家より更地のほうが資産価値はあがりますので、
この機械にご自身が当てはまるようでしたら、
解体についてもご検討されたらいかがでしょうか。