《不動産賃貸》IT重説始まる

こんにちは
管理担当 伊藤です。

さて今回も全国賃貸新聞の記事よりIT重説をブログします。

皆さんも賃貸物件を契約されたことがあれば一度は経験されていると思いますが
契約の前に法律で決められている ”重要事項説明” の読み合わせがIT可能になります。
《不動産賃貸》IT重説始まる
現在は宅地建物取引士が店頭で免許を提示して説明していると思います。

ところが10月を目指してテレビ電話や会議システムによる重要事項説明が可能となります。
《不動産賃貸》IT重説始まる
これにより遠方から引越しをされる場合、部屋内覧で1回、契約で1回と最低2回は来店しなければ
いけなかったのですが、ITなら自宅で説明を受けて内覧の1回で済みます。
《不動産賃貸》IT重説始まる
インターネットで部屋を決めてしまえば1回も来店せずに決めることも可能です。