ふるさと納税

こんばんは、藤原です。出身は静岡県です。


1306

ずっと前から気になっていたふるさと納税。
みんなどういう目的で利用しているのかな~?と思い調べてみたら・・・

やっぱり一番多い利用目的は“自治体の特産品(お礼の品)を安く手に入れられる”でしょうか。
寄付する額は一口数万円単位で安くはないですが、

寄付をする ⇒ 確定申告をする ⇒ 次年度の住民税より控除(^.^)

といった感じで、実質負担が数千円で豪華な特産品が手に入るようです。
1307
寄付金の使い道を自治体HPなどでオープンにしているので“税金の使い道を好きに決められる唯一の制度”とも言われています。
震災の後には、純粋に故郷への“寄付”を目的としている人や、故郷ではないがそれぞれの自治体の使い道を見て寄付をする人も増えているそうです。

そもそもこの制度の目的が“地方格差や過疎などに悩む自治体に対して格差の是正を推進するために創設された制度”となっていますが、
自治体の使い道が本来の目的にそぐわないものだったり、お礼の品に換金性の高い金券等を送り地域の活性化という趣旨とは全く関係が無くなったりと、賛否はあるようです。
まぁどちらにしても“寄付”ですから、使い道が判っているわけですし、寄付する人の気持ち次第ですよね。


 ちなみに、我が故郷の伊東市もふるさと納税大歓迎中~ですが・・・お礼の品はありませんでした(*_*)

しか~し「“花と海といで湯のまち”をスローガンに、魅力ある地域づくりを進めています。そのため、寄附をされた方のご意向を大切にし、“住みたい 訪れたい 自然豊かな やすらぎのまち 伊東”を実現する」

という素晴らしい施策に使われます!
1308
さいたま市はいくつかいい感じのお礼の品があるようです。気が向いたらチェックしてみてください~(゚ρ`)ァー
1309