賃貸と購入どちらが得か?土呂駅前 不動産管理システム

こんにちは!

表題にあるように、「賃貸と購入どちらが得か?」というのは
永遠のテーマのような気がします。

私は戸建に住んでいますが、ローンや自由に移動ができない点が
不便に感じますし、賃貸は借りているものなので、家を自由に
改造、改築できないなど不便な点があります。

今回の新聞記事(日本経済新聞4月7日)
は、一言でいうと、住宅購入する際に不動産業者の
甘い宣伝文句に注意しましょうということでしょうか。

「毎月の家賃と住宅ローンの返済額が変わらないなら買ったほうがお得です」
という文言は、家購入で不動産業者と関わった方なら誰でも聞くフレーズです。
また購入するとローンが払い終わった後は、自分の資産として残るという点です。

しかし記事にもありますように、家を所有すると「固定資産税」、「都市計画税」が
毎年かかります。
またマンションでは、管理費、修繕維持積立金の分担もあります。
戸建では10年から15年で屋根や外壁塗装などのメンテナンスも必要になります。
資産に関しても現在空家問題があるように、資産ではなく、もっていることがむしろ
負債になってしまうこともありえます。
その点を認識した上で購入を考えた方がよいという内容です。

私も不動産業者の1人なのですが、その通りだと思います。

決め手は、移動が多く、家にいる時間が短い遊牧民族型は「賃貸」、
家で過ごす時間も多く、夢のある改造、改築、間取を考えている方は「購入」
とするのがいいのではないかと思います。

ただし、どちらも入居時には多くの費用がかかりますので、
しっかりお金を貯めておくことは言うまでもありません。