賃貸管理業の変化

こんにちは
管理担当 伊藤です。

本日は賃管理業務についてブログを更新しました。

賃貸業の多くはお客様にお部屋をご紹介して成約した時にオーナー様より頂く『広告料』とお客様より頂く『仲介手数料』で成り立っています。

近年、供給過剰ぎみのアパートの家賃が下がり、サービス合戦になってきています。

仲介手数料半額や更新料無料など・・・

管理会社は毎月の家賃や建物を管理することで管理料を頂きますが、管理料としては3%~7%くらいです。
家賃が下がれば管理料も当然下がります。

5万円の家賃なら2,500円/月です。
仲介料は安定しないので、多くの不動産会社は管理戸数を増やそうとします。
管理物件
そんな中で生産性の向上として色々なアイテムが増えてきています。

案内する時間を減らすために動画でお部屋をヴァーチャルで案内します。
VR内見などが主です。
VR-naiken
また、イエティのようにAIが物件を探せたりもします。
イエティ
重要事項説明も遠方の方が不動産会社へ足を運ばなくてよいように、IT機器を使ってテレビモニターで重説をしたりします。
TV phone concept. International video conference.
今後はデジタル化によりもっと効率化していくと思われます。
例えば、契約書のペーパーレス化や鍵の電子化などです。
スマートロック3

物件の申し込みも通販の様になってしまうかも・・・

さいたま市で賃貸物件をお探しのお客様はJR宇都宮線 土呂駅西口前1分のイーアールエーLIXIL不動産ショップ 株式会社不動産管理システムにお任せください。
弊社ではお客様のニーズに合わせたお部屋を数多くご用意しております。