【不動産賃貸】外国人へ賃貸

こんにちは
管理担当 伊藤です。

本日は入居者についてブログを更新しました。
試練 年々と経営が厳しくなる賃貸。借入金が残っているから、何とかあと5年頑張ってくれないと・・・
日々奮闘しているオーナー様も多いようです。

そんな中で入居者も様々になってきました。
生活保護受給者・母子家庭・外国人・ペット・高齢者など
href="http://torooms.net/wp-content/uploads/b2862f6a4cc64e629285e0a59ae5e2c4.jpg">生保
入居審査は収入面の確認なので、人物は接客担当が判断せざる負えません。
とはいえ、中々わからないのが、実状です。
賃貸接客
一般的に外国籍の方はオーナー審査ではじかれてしまう事が多いようです。
その理由としては、生活習慣の違いから起きるトラブルです。

ゴミ分別
騒音問題(部屋で騒ぐなど)
食生活
インドネシア食事
今回はこの食生活による部屋の異臭で苦戦しています。
インドネシア人の入居でした。
インドネシアは古くから香辛料の国として有名で、家庭料理でも香辛料をよく使っています。
所が、これが苦戦する原因でした。ある事象から7ヶ月程度で解約となった退去後のお部屋は、我々にはなじめない臭いが残っていました。ある意味、喫煙より酷いかもしれません。
クロスなどは比較的きれいなのですが、貼り換えないと消えないような異臭でした。

現地の人には何でもない匂いなのかもしれません。

また、中国人の方は家庭で油をよく使い、キッチンの排水に直接流してしまう方もいるようです。
信頼できない
文化の違いからですね。またコミュニケーションが取りにくいことも理由の一つでしょう。

外国人にとっての「普通」と、日本人にとっての「普通」は全然違います。日本人に賃貸物件を貸すときには暗黙のルールとして伝えていなかったことも十分に説明することが後々のトラブルを避けるためにも大切です。

さいたま市で賃貸物件をお探しのお客様はJR宇都宮線 土呂駅西口前1分のイーアールエーLIXIL不動産ショップ 株式会社不動産管理システムにお任せください。
弊社ではお客様のニーズに合わせたお部屋を数多くご用意しております。